【SKYTUBE】saitomオリジナル Zimakupiza 宇佐田 ゆう レビュー!【1/6スケール】

イラストレーターsaitomさんの同人誌『Zimakupiza』より、カバーガールの宇佐田ゆうが立体化しました!本日届いたので早速感想をば。

 

 

Zimakupiza』とは?

“saitom先生が描く、ゲームキャラクターいっぱいのフルカラーイラスト集が登場です。モンハンや艦これ、グラブルなど魅力溢れるイラストが満載で、すぐにゲームがしたくなるほど惹きこまれます!”(とらのあな商品コメントより引用)

要するにちょっとHなゲームイラスト集です。一応全年齢で性器の露出はありませんが、乳首ならあります。宇佐田ゆうの情報はカバーガールということくらいしかありませんので、あしからず。コミティア128にて新情報あり

 

商品情報(SKYTUBE公式ページより一部引用)

商品名 宇佐田 ゆう illustration by saitom
作品名 saitomオリジナル Zimakupiza
サイズ 1/6 スケール 全高:約 28cm(台座含まず)
台座含む全高30cm
仕様 PVC塗装済み完成品 キャストオフ仕様
原画ポストカード付属
価格 15800円(税抜)
原型師 EGG
発売日 2019年5月12日
JANコード:4562283280747
JANは偽物の判別に使おう!

Caution!:この商品は偽物の存在が確認されています。安物には飛びつかないように。詳細はこちら

 

懸念だった髪の色

デコマス画像では濃い目の紫だった髪色ですが、実際の完成品はオリジナルイラストに近いグレーで、ほんのり紫がかった色をしています。

 

 

 

 

少しわかりづらいかもですが、右胸からは乳首が、左胸からは輪っかがコンニチハしています。

ビキニ、仕事しろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウサギ耳は残念ながら取り外しできないです。

 

 

艶のある黒ビキニが良い味出してますね。

彩色は全体的にツヤツヤしていますが、安っぽい感じはしませんし、あどけない顔に似合わず豊満な肢体を持つ彼女の色気を際立たせていると思います。

尻尾は取外し可

こちらは尻尾パーツ。お尻にはめ込むタイプではなく、強力な磁石になっていて、ウェストパーツにくっつけることができます。

外観を損なわず、美尻を堪能できるのでいいアイディアです。穴が開いてたら外す気なくなるものね。

まん丸お尻が柔らかそうでGOOD!

顔はもう少し忠実性が欲しい

デコマス段階から気になってはいたのですが、顔の再現性は今一歩という感じです。

これはこれで可愛いのですが、saitomさんのイラストは立体化に向いてそう(と個人的に思う)なので、もう少し頑張って欲しかったかな~って思います。

 

Amazonやツイッター見てるとお顔も好評のよう。中にはイラストより好みという声も(うーん…)。

 

そりゃフィギュアで初めて見て気に入った人ならそうなんだろうけど、私のように作者(saitomさん)のファンであることが先に来る人間は、

 

 

イラストへの忠実性が第一なんじゃあああああ!!!!

 

もっと似せてくれよおおおおおお!!!!!

身体はサイコーなのに…。

具体的に何がとは言えないけど、他のフィギュアよりsaitom感が薄いような…?
具体的に何がとは言えないけど、他のフィギュアよりsaitom感が薄いような…?

 

あれか、お目目クリクリ感が足りないのか…?

剣パーツの扱いに注意

フィギュア本体同様、剣パーツも台座に挿し込む形で使用するのですが、これが少し厄介。まず以下の画像をご覧あれ。

お分かりでしょうか。刀身がやや反っていますよね。

掌に収めるためには剣を後傾させる必要がありますが、どうしてもこのように反ってしまいます。

この薄さですから、当然耐久性もそれほど期待できませんし、何より支点にストレスがかかり続けるのが不安なところです。

個体差によってもばらつきがあるのでしょうか?他の方のレビューを待たないといけませんね。

キャストオフ!!!

まあエロフィギュアの楽しみといったらコレだよね。

まずは上のみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このドヤ乳である。

 

 

躍動感のある乳っていいよなぁ…。

サイズは同じスカイチューブの『春本さくら』のほうが大きいだろうけど、形はコッチのが好み。

ジャケット

そうそう、ジャケットを取り外すと可愛い絵柄が見れるんですよ。

ただせっかくのキュートなデザインなのに、彼女髪が長いので覗き込まないとよく見えないんですよね…。

宇佐田ゆうのジャケット
見えづらいのにちゃんとデザインしてるんだなぁ(感心)。

 

下も脱ぎ脱ぎ

🔞フィギュアの本懐はここにある!

宇佐田ゆう パンツ
パンツパーツは左腰から外れるのですが、最終的には右脚を通して脱がないといけないため台座に固定したままだと下ろすことしかできません。

 

パンツを完全に脱がせることもできますが、あえて脱ぎかけで撮ってみました。夏美リスペクトじゃないけど、こっちのがエロいかなって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背中・腰も見てみよう

キュッとくびれたウェストに、まあるいお尻がよく映えます。いわば淫スタ映えですね(何を言ってるんだお前は)。

 

アソコ

 

 

性器はあってもいいのに、なんでパイパンでないといけないんだろうね?

別に毛が欲しいわけじゃないけど、saitomニキは描写する人だから…。

 

サイズは少し小さめ?

スケールは1/6ですが、全高28㎝標準的な1/6スケールよりは小さめに感じます。同じsaitomキャラクターで1/6サイズの須磨マヤ(ドラゴントイ)と比較してみました。

 

そしてこちらは以前ご紹介した1/7スケールの夏美(ネイティブ)との比較。

さすがに宇佐田ゆうのほうが大きいですが、台座の高さを考えるとそこまで身長差はないでしょうね。

おまけ

あみあみ限定アクリルスタンド

あみあみ予約購入者限定のアクリルスタンド。サイズはA5とポストカードよりはやや大きめ。

 

ポストカード

通常購入で付属するポストカード。なんでエロフィギュアってポストカードが標準装備なんだろ?

 

まとめ

顔の造形がやや気になるものの、身体のラインや艶のある彩色など評価できる点も多い。エロフィギュアとしてはまあ及第点かな。

エロフィギュアはまだそんなに買ったことはないですが、スカイチューブはエロさ、ネイティブは美しさに力を入れている印象を受けます。どちらも違う良さがありますね。

 

次は順当に行けば『WRAPPING2』のミユ先輩フィギュアが出るのでしょうね。発売はいつ頃だろう…(原型は出来上がっているようですが)。

てかsaitomさんホントツインテ好きだよなぁ。

追記:宇佐田ゆうの今後

先日開催されたコミティア128にて、saitomさん描きおろしのペーパーが配布されました。

なんと彼女には『みみ』という妹がいるのだとか(画像左)。

出ました!saitomさん十八番(?)のツインテ娘です。

ちげえなこれおさげだな。何を言ってるんだ俺は…。イマイチ区別ついてねえわ。

 

いやーにしてもエロ可愛い姉妹ですねえ…。

妹のフィギュアも出してほしいですね。どうせなら衣装もバニーガール仕様で。

 

裏面にはsaitomさんのコメントが。フムフム…。

“宇佐田家は姉のゆうと妹のみみの他に母親のまみがいます。そのうち母親も描ければ描く予定です。”

 

とのこと。

おお!お母さんの設定もあるのか、それは楽しみだ!

 

 

 

…あれ、お父さんは?

 

 

追記:みみちゃんの新イラスト


う~ん、おさげもイイねえ。

姉のゆうがPS4のコントローラーを持っていて、妹はSwitchというのも面白いですね。

 

追記2:みみのタペストリーが出るよ!

コミックマーケット97で頒布されるようです。詳しくはこちら

更新情報をつぶやきます。