コミケ96が盛況のようですが…。私の素朴な疑問。

  • 2019年8月11日
  • 2020年5月8日
  • 雑記
  • 89view

この暑い中、各々がお目当ての本を探し彷徨う戦場。オタクにとっての夏の風物詩、コミックマーケットが今年も開催されました。
今年は初めての4日開催。それでも熱気はこれまで以上に感じられたことと思います。

さて、私の敬愛するsaitomさんも例年通り参加し、本日三日目にブースを構えた模様。

FEで有名なコザキユースケさんが今回は参加していたということもあって、行かなかったことを後悔し始めている私ですが、それ以上に気になったことが。

上記のツイートのリプライに、なんと撤収作業中にサインをもらったという方が。

 

…え?そんなんアリなの?

 

 

同人ファン歴が浅い(1年未満)私ですし、この業界のしきたりや常識といったものには精通しておりませんが、正直驚いています。

というのも、名の売れた作家さんからサインをもらうのは同業者か、友人か、一般人ならイベントを通してとか、特殊なケースでないと不可能だと思っていたからです。

その方のアカウントをざっとみたところ、どうみてもただのファン。業界人とかでもなさそう。

…私も考えたことはありました。例えばこの前のワンフェス。十中八九saitomさんが来られることはわかっていたので、見かけたらちょっと話しかけてみたりなんかして。(結局ワンフェスには行きませんでしたが)

でもイラストレーターは普段表に出る職業じゃありませんし、こういうお願いをするのは失礼かな、と思っていました。コミケとワンフェスでは(一応)仕事とプライベートということで、前者の方が敷居が低い(誤用)というのはありますが、それを差し引いてもまさかサインをもらうことができるなんてねぇ。

開場中は売り子さんが販売を担当していますし、お姿を眺めるので精一杯でした。少なくとも去年の冬コミに参加した時はね。撤収作業までガン待ちしていれば話しかける機会があるだろうというのは想像できていましたが、仮にそれが出来たとして、忙しい中自分の欲望丸出しで特攻するのは何か違うと。ご迷惑になるだけだと、その考えは捨てました。

この方を批判しているわけではありません。いやむしろ、同人界ではよくある光景なのかもしれません。

でももし、例えサインをもらえたとしても、ご迷惑になるのではないか、嫌な顔をされるのではないか、そう考えると自分に行動を起こすほどの勇気は湧いてきません。願望が成就したところで、その光景が焼き付いてトラウマになりそうです。それでは何の意味もないのです。

もらえた方、正直凄く羨ましいです。そして、何も行動を起こせない自分が歯がゆくて、悔しいです。

 

私がこのサイトを立ち上げた時、自分の中で掲げた目標があります。

 

それは、いつかsaitomさんご本人にお会いして直接、イラストとサインをもらうこと。

こんな弱小もイイとこのサイトを運営している私が言っても笑い種にしかなりませんが、何年かかろうとも、また、(迷惑をかけない前提で)どんな手段を用いてでも達成したい目標。

それに近いことを簡単にやってしまう人がいる。こんなとこでクダを巻いているだけではいけませんね。

私はまだまだ路傍の石。夢をかなえるためにはまず、自分の価値を証明しなければならない。

今は自分に出来ることを、しっかり把握した上で彼を応援していきたいと、そう強く想っています。

NO IMAGE
更新情報をつぶやきます。